皆さんどうも。

開発とネトなんに勤しむエンジニア、ヒロです。

 

今回は電話についてです。

 

電話って、時代遅れですよね?

チャットできるし必要はないんです。

 

仕事の場や彼氏彼女とのやりとりとしては使うと思いますが基本的に電話をする頻度は下がっているはずです。

予約はネット予約がありますし、チャットで友達の話も約束もできる。

 

そんな中で電話というのはなぜ残っているのでしょうか?

確かに、いきなり無くすというのが無理だから残っていたり、会社が古い会社でっていうのはあるかもしれませんが、

他にも理由があると思います。

 

それは

遠距離にいながら、より対面に近いコミュニケーションが取れるという点です。

 

チャットだと表情は見えず、言葉でしかわからない。

本心で言ってるのかも疑問ですよね。

 

それよりもう少し密接なコミュニケーションを取れるのが電話だと思います。

 

電話をネトナンで使う

 

そんな電話をネトナンで使うとどうなるでしょうか?

 

そもそも電話をしようと会う前に言ってくる人はいるんでしょうか?

 

電話をすることで確実に差別化できると思います。

 

チャットしてて実際会って話続くんだろうかとか不安になることはありますが、

 

電話での会話はチャットとは違い対面と同じ瞬発的なコミュニケーションです。

 

しかも声も分かります。

 

チャットよりも信頼関係が築きやすいコミュニケーションなのです。

電話でうまく魅力を伝え、相手に信頼してもらうことができれば、即への道は近いです。

 

しかもそれは、死番を回避する効果もあります。

 

飲食店の予約に置き換えて考えてみましょう。

 

最近ではネット予約が一般的ですね。

ネット予約した場合に、キャンセルしなくてはいけなくなってしまった。

 

そうなったときキャンセルするのにためらったことありますか?

自分は無いです。

あまり気にせずキャンセルします。

 

しかし電話の場合どうでしょう?

電話予約をし、電話でキャンセルを伝えなくてはならない。

 

ただ、めんどくさい。

という人もいるとは思いますが、実際にめんどくさいだけでしょうか?

電話をして自分の口でキャンセルを伝えるには申し訳なさをどこかで感じているはずです。

 

これと少し違いますが似たような話で、

電話までしてコストなコミュニケーションをし、信頼関係を作った相手を無言で予定をキャンセルしたり、

切るのって難しいんです。

 

なので電話を得意にしておくといいことが多いです。

即れる率も死番しないでアポまでいける率も劇的に変わります。


是非みなさん電話を武器に変えましょう。

 

詳しく知りたい方はこちらのnoteへ!

 

【ネトナン師必見】電話で即れる関係構築(上) ~電話打診から関係構築の基礎~

 

【ネトナン師必見】電話で即れる関係構築(下) ~死番回避から直ホ確定まで~

おすすめの記事