こんにちは。ヒロです。

今回はここ最近ずっとメジャーなWEBアプリケーションフレームワーク

Ruby on Rails

について紹介して行こうと思います!

 

「Rails はもう古い。」

 

そう語るエンジニアの方は少なくないですが、現状ではまだまだ Rails を使っている企業さんは多いです。

現に今んところ自分が見てきた会社のほとんどがアプリのAPIとして Rails を採用していました。

 

そんなRuby on Railsがそもそも何なのか。そして、その特徴と良さを話していきたいと思います!

Ruby on Rails って何?

 

Ruby on Rails は、Rubyという日本人のまつもとゆきひろさんという日本人の開発者の方が開発したプログラミング言語で書かれたWEBアプリケーションフレームワークです。

なので日本語で書かれたドキュメントも豊富で自分でエラー解決などしやすいんです。

 

セクシーハッカー・ヒロ
日本人の開発者が作ったプログラミング言語が世界中で使われているってすごいことだよね!

 

WEBアプリケーションフレームワークというのは簡単に言うとTwitterやInstagram、ZOZOTOWNのようなEC WEBアプリケーションなどを簡単に作れるように仕組み化したものです。

実際に学ぶとわかるのですが、twitterってデザインや細かいところを気にせず、誰もがユーザーを作り、つぶやける状態にするというだけであれば簡単に作れてしまいます。

それは実際のtwitterは内部にも外部にも細かいところに気を使って開発されているものだとは思いますが、機能だけを考えるとRuby on Railsを使うと簡単に作れてしまうんです。

 

こういう風に何ができるのかが分かってくると、いろんなサービスを作る妄想ができたり、使っているサービスの改善を想像できたり、日常がめちゃくちゃ楽しい世界になります。

これはプログラミングを学習した人にだけ得られる楽しみですね(笑)

なんで多くの会社が採用しているの?

WEBアプリケーションフレームワークは他にもたくさんあります。自分が学んでいるReactjavascriptを使ったWEBアプリケーションフレームワークです。

そんな中でこちらをご覧ください。

出典:https://hotframeworks.comより

 

これは全てのWEBアプリケーションフレームワークの利用者人口ランキングでこの下にもずらーっと色々なWEBアプリケーションフレームワークがあるのですがその中でもなんと

 

3位

 

なんです。

 

めちゃくちゃ利用人口が多いんですよ。

それぞれ役割が異なったり、まだまだ新しいものもあったりもしますがそれでも3位はすごいですよね。

 

何が良くてそんなに多くの会社に採用されているの?

何が良くてそんなに多くの会社に採用されているのでしょうか。

 

一番の理由はWEBアプリケーションの構築がめちゃくちゃ早いという点です。

 

Railsはターミナルでコマンドを打つだけで必要なファイルと動くまで最低限のコードを生成してくれたり、データベースの接続も簡単だったり、高速でWEBアプリケーション開発を進める仕組みが整っています。

 

なので、こういうサービス始めよう!

 

ってなって速攻で仮説検証を回せるんですよね。

 

しかも、そのまま使っていっても優秀なエンジニアがいればサービスが大きくなっていってもそのまま使っていけます。

AirbnbやGithubなどの大きなサービスも使っているんですから、その事実は担保されていますよね。

 

他にも実際にRails書ける人の人口が多いだとかいろいろありますが、その辺は実際に学んでいったり、働いていく中で知ることになるでしょうし、今回は省略します。

 

Ruby on Rails を使えるとなんで良いの?

 

では、Ruby on Railsが使えるとなぜいいのでしょう。先ほどは会社視点の話をしましたが、今度は個人の視点で話をしていきます。

自分で開発しやすい

これが多くのプログラミングスクールにRailsコースがある大きな理由だと思います。

学習コスト低く、プログラミングとWEBアプリケーションの構築方法が学べるのんですよね。

しかも実際に動くものが作れてしまう。

実際に自分もスクールに通って、3ヶ月で自分でWEBアプリケーションが作れるようになりました。

 

先ほど言ったように、Railsには、WEBアプリケーション開発を簡単にできる仕組みが備わっています。

ある程度学習してしまえば、簡単に様々なアプリケーションが開発できるのです。

年収が一番高いフレームワーク

これは自分も調べるまで知らなかったのですが使えると年収が一番高いフレームワークなんですよね。

この表を見てください。

 

出典:codementor

 

これはcodementorというアメリカや台湾などに会社がある、ソフトウェアエンジニアが1対1でテレビ電話や画面共有でメンターに質問できるというサービスを行なっている会社が出しているデータなのですが、

 

年収一位が Ruby on Rails なんですよね。

 

USDが100円だとしても年収1170万円ですよ?

サラリーマンだと考えるとこの年収だいぶ高いですよね。

 

しかも平均年収なんでもっと上がいるわけです。

 

夢がありますね。

 

Ruby on Railsの学習始めませんか?

 

・自分で作りたいサービスがある!

・WEB系のエンジニアになりたい!

 

そんな方はRuby on Railsの学習を始めませんか?

スクールに迷っていたり、スクールの話を聞きたい方はこちらの記事へ!

 

僕にDMで質問をくれてもいいですよ!
いくらでも質問ください!笑

転職希望の方もSEからWEB系に転職したエンジニアさんやエージェントの方など紹介できるのでお気軽にお声掛けください!!

おすすめの記事